善徳女王

f0147413_23183828.jpg出演:イ・ヨウォン、コ・ヒョンジョン、オム・テウン、パク・イェジン、キム・ナムギル、イ・スンヒョ、チョン・ノミン

2009年、MBC、全62話。
第二の「大長今」を狙う、2009年MBC最大の野心作!「善徳女王」は、韓国ドラマ史上初めての、7世紀の新羅時代を舞台とする作品。それまで男性が継承していた王位を女性として初めて手にした新羅第27代善徳女王の、幼少時代から王位に就き国を治めるまでの人生を描いている。
脚本は「大長今(宮廷女官チャングムの誓い)」を手がけたキム・ヨンヒョン、映画「光州5・18」「H.I.T 女性特別捜査官」のパク・サンヨン、演出は「朱蒙〔チュモン〕」「イ・サン」「宮廷女官 チャングムの誓い」のキム・グノン、「ニューハート」「英雄時代」のパク・ホンギュン。演じるのは韓国のトップ女優コ・ヒョンジョン、イ・ヨウォンという期待の顔ぶれ。慶州のポムン団地と京畿道のヨンイン(龍仁)市に約60億ウォンの巨費を投じた野外セットで撮影、また中国のタクラマカン砂漠でもロケを敢行した壮大な映像で魅せる時代劇大作。

感想

とにかく、面白かったの一言です。視聴率40%超えが話題となったドラマですが、女性主役には見る目が厳しい(しかも主演は私の苦手なイ・ヨウォンさん)私が、初回からとにかく面白かった。
最初はBSの吹き替えで見ていたんですが、途中でそれでは我慢できずにDVDに切り替えました。
思うに、このドラマは展開として3つに分けられるような気がします。25~6話までが怒涛の出生の秘密に関わるスピーディでハラハラドキドキな展開。そこから50~1話までが、観てるこちらが唸るほどトンマンVSミシルの女の戦いが浮き彫りにされる知的展開。そして52~ラストまでが、ピダムを中心とした悲哀と破滅への展開。(あ、ちょっとネタばれっぽい?でも史劇だから、ある程度史実を知っていれば、途中の脚色は別にして、おのずとラストの展開は分かるはず…)
終盤の失速が話題になったり、終盤面白くなくなったという話もチラホラ聞かれるのは知っていましたが、私はどの展開一つとして、面白くなかったことがなかった・・・。見終わった今、脱力です。
私がどれだけハマッていたかは、カテゴリー「善徳女王」で叫んだり語り倒したりしているので、それを御存じの方にはバレバレでしょうけれど(笑)私の史劇歴初の新羅モノで、新羅の身分制度などがドラマに上手く埋め込まれていて、興味のあることは掘り下げたくなるという私のヲタク心を刺激したことと(笑)とにかくコ・ヒョンジョンさん演じるミシルが素晴らしかった。彼女の演じたミシルへの人気は、韓国芸能ニュースなどをチェックされてる方なら、ドラマを見ていなくても御存じかもしれませんが、噂にたがわぬ怪演ぶり。男性陣の花美男ぶりもかなり話題になったし、実際私もすごくハマりましたが、このドラマ、ミシルがあれほど魅力的でなければ、ここまで面白くならなかったと私は断言出来ます。もちろんイ・ヨウォンさんも熱演されていましたし、彼女の演技も本当に良かったのです。見直した(上から目線?笑)くらいでしたが、もっとも貢献したのはミシルだと思います。少なくとも、私にとってはそうでした。アルチョンもピダムもソルォンも私のハートを持っていったけど(笑)このドラマの魅力を述べよ、と言われるならば、ミシルです、と答えるでしょう。ちなみに、その花美男たちへの私の入れ込みようについては、やはり同じくカテゴリー「善徳女王」で語っていますので、よろしければ読んで笑ってやってください。(笑)

私の周りでも「朱蒙」よりも面白かった、という人続出で、私も同じ思いです。エンタメ性に優れ、キャラクターが魅力的で、展開が早くてテンポが良いので、次へ、次へと見てしまう面白さです。
韓国史劇、特に長いものはちょっと…という方も、ぜひ取っ掛かりとしてこのドラマ、お勧めします。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆☆
[PR]
by himeka_kisaragi | 2010-04-26 00:09 | さ行 | Trackback | Comments(28)
トラックバックURL : http://kandorabox.exblog.jp/tb/13532473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by うひょっち at 2010-04-26 15:28 x
ひめかさん、こんにちは~
とうとう終わってしまったのですね・・・。週末は放心状態だったのではないかしら・・・。
☆6個評価は予想通りですね!

やはり終盤はピダム~~!なのですね。ピダムに関してはちょっとだけ史実を知っているのでどう描かれているのか楽しみです。
でもやはり、裏主人公はミシルですよね~(笑)ミシルの出番が少ないと何か物足りないです。

私はまだまだこれからですが、完走したらまたこちらにコメしますね。途中記事にも追々叫びに・・・いえ、語りにいきます~~(笑)
Commented by こん at 2010-04-26 16:46 x
こんにちは~^^。
やはり見終わられたのですね~。

あ、私も断然チュモンより面白いと思います。
どちらもカット版&吹替えで見ているので条件は同じですが、
とにかくコレは目をそらすことすらできません(笑)。

正直、遠視(??)の私にはかなりつらいんですが、
それでも、楽しい木曜日のひとときなんです~♪。

ひめかさんがおっしゃってらしたように
映像もメチャクチャ綺麗ですしね~。

これから、何度でもみたいドラマのひとつになること間違いなしデス~。
アタシも早く完走したいです~でも、終わらせたくな~いとも思っています(笑)。

見終わった後、
ひめかさんのカテゴリーを読むのも楽しみにしていますね♥。

p.s.まだお気づきでなければ幸いデスが~
んもう、お恥ずかしいです~服役してどないすんねん!
とひとりで突っ込みました<(_ _)>。
Commented by yoongun at 2010-04-26 20:26 x
ひめかさん~完走おめでとうございます~
最終話の感想がなくいきなり総評だったのでちょっとびっくりしました。。
評価は最高ですね。
私も最初は主役が女性だったので・・・かなり観る目が厳しかったかも(笑)

朱蒙と比べると・・・実は私は朱蒙が上です(笑)
善徳は後半ピダムにやられっぱなしだったのですが、それこそピダムがいなかったら・・・私は最後まで完走していたか微妙でした。
やはり観る視点が 人それぞれ違うんですから まあ 違っても仕方ないですね~と一人で納得してます。。。

ひめかさん~次の史劇は何を観ますか?




Commented by himeka_kisaragi at 2010-04-26 23:09
うひょっちさん、こんばんわ~vv
とうとう終わってしまいました~~;;
でも実は途中までは見終わるのが怖いと思うほどだったんですが、終盤特に、失速とは関係なく、私の韓ドラスケジュールが異様に忙しくなり(笑)今も本当に余裕がなくて大変な状況なので(笑)寂しさにひたる暇がないという状態なんです。良いのか悪いのか・・・(笑)
やはり毎日放送があるホームドラマ3本同時はキツイ。

や~~もう、本当、私は善徳女王はミシルのドラマ的な見方をしていたと言っても過言ではないです。もちろん終盤51話以降はピダムのドラマなんですが(笑)女性キャラにこんだけ思い入れしたのも初めてかもです~。

私も頑張って、細かいネタばれ記事を今後もあげてゆきたいと思っているので、ぜひ叫びに来てくださいね♪
Commented by himeka_kisaragi at 2010-04-26 23:15
こんさん、こんばんわ~vv
私もこのドラマ大好きだったので、1話見るのに、めっちゃ集中して見ていたから、見返さなくても見終わったらちゃんと状況を把握できるような見方をしてました。
セリフのひとつひとつにため息が出たり、唸るほど上手い演出に感動したり、ただの史劇ドラマを見ている感じよりも更に入り込んでいて、この視線、とか、このセリフとかの言動の時のミシルの感情の動きは?とか、骨品制度によるミシルの心境とか、深く深く掘り下げて見るのが楽しいドラマでした!そういう意味でも、見ごたえ十分だったと思います♪

ところで・・・実は服役中・・・気付いていました。(爆)
Commented by himeka_kisaragi at 2010-04-26 23:27
yoongunさん、こんばんわ~vv
完走しました~vvそうですよね、最後の感想抜いてますが、なんか後ろ向きなことばかり書きそうだったので、抜いてしまいました。どのみち、あとで順番にネタばれ記事をあげていくので、まあいいかな、と。(笑)

そうなんです、私も途中何度も男性キャラが素敵過ぎて叫びまくっていましたが、振り返ってみると、男性キャラと同じくらい、いやそれ以上に私がこのドラマに惹かれたのはミシルがいたからだ、と思ったんです。
彼女の複雑な心理描写は、私のツボを突きまくったという感じで、この時代の新羅に生まれた事で、身分に苦しめられて夢見ることも出来なかったミシルの悲哀が、めちゃくちゃ面白かったんです。(*^_^*)

まあ朱蒙は、私、吹き替え版でしか見てないので、私の場合は比較にはならないかもしれないけど、でもそれらを総括しても、朱蒙にミシルほど思い入れのできるキャラはいなかったんです、私の場合は、ですけども。
(続く)
Commented by himeka_kisaragi at 2010-04-26 23:27
(続き)
そうそう、yoongunさんは途中で挫折する予定だったんですよね。(笑)ピダムのおかげで復活できて良かったです。\(~o~)/でも、そうですよ、途中挫折したという人もたくさんいるみたいだし、実際、私が今DVDを貸している会社の同僚は、それほどハマッていなくて、挫折したがっているのを、私が無理やり止めているほどですから。(爆)感想は人それぞれですよね♪

次の史劇・・・考えてなかったです。(^_^;)
BSで何かやるかしら。やればとりあえず見てみるかもしれません。「千秋大后」とか興味あるんだけど・・・
あとfutonloveさんが見てる「新・別巡検」も興味あるんですよ~。さてさて、何になるかなぁ~~vv
Commented by marone115 at 2010-04-27 00:26
ひめかさん
私、ひめかさんの今日の記事読んで、もうDVDには知りたい寸前です。
あ~どうしよう。
Commented by himeka_kisaragi at 2010-04-27 23:58
marone115さん、こんばんわ~vv
はい、ぜひ、お仲間に、いかがでしょうか?(笑)
でもDVDにしたが最後、止まりませんよ~~(笑)
Commented at 2010-05-05 22:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by himeka_kisaragi at 2010-05-05 23:29
鍵コメさま、コメントありがとうございます~
今ほどメールを送りました。(*^_^*)
Commented by aqui at 2010-05-06 04:29 x
メール届いていませんでした, どうしてでしょうかね? T_T
すみませんが 'aquieita@yahoo.co.jp' もしくは'aquiland@naver.com' までもう一回連絡をしてくれませんか?

(本当, 何でだろう。 韓国のメール計定だったからかな..)
Commented by himeka_kisaragi at 2010-05-06 22:28
aquiさん(今回のコメント、非表示じゃなかったので、お名前書きました~)
ではyahooのほうに、もう一度送信してみました~♪
また何かあったらご連絡くださいね♪
Commented by masan4649 at 2010-05-08 12:16
マーです
ひめかさん、このドラマ私の視聴したいドラマの一つなんですが
見るのはまだまだ先になりそうですが
「朱蒙」と比較するほどなのですね・・・・それはすごい!!(笑)
いつか見ることが出来る日を楽しみに生きていきます(笑)
Commented by himeka_kisaragi at 2010-05-08 23:33
マーさん、こんばんわ♪
そうです、朱蒙と比較しちゃいます~~~vv
スケール的にもヒケはとらないと思いますよ~~~
ぜひぜひ、いつかご覧になってくださいね♪
Commented by まりりんとり at 2010-05-11 16:15 x
ひめかさん、善徳女王の感想をありがとう~。
BS(吹き替え)とCS2(字幕)で見てるのですが、早く先が見たいです~♪ DVDはもう全巻出てるんですか??
実は、私もソルォンがツボなんです。「真心が報われない敵側」のキャラにはまるのかな~。
ホゲ様もヨンムンも、サテッキルも・・・・・。
このドラマの時代は、日本でも、乙巳の変や白村江の戦い、壬申の乱などがありましたね。
伽耶・百済・新羅・高句麗の人たちが次々やってきて、影響を与えていきますね。
金春秋も日本に来てますよね。ドラマではそんなところも、描かれてるんですか??
見たい~。 ネタばれを読んじゃおうかな・・・・・・。

Commented by himeka_kisaragi at 2010-05-11 23:19
まりりんとりさん、こんばんわ!
正規レンタル版はまだまだだと思います~
私のは…えっと、KNTVを録画したものだと思います。

「真心が報われない敵側キャラ」にハマる方式、すごく分かりますよ。でも私はヨンムンとサテッキルにはハマらず、海神では誰ということはなく(でもヨンムンも好きでした)ソドンヨではプヨソンが好きでした。(笑)
ホゲはもう、私にとって太王四神記はホゲの物語のようなものだったので。(笑)

ところで金春秋、日本に来てるんですか!?知りませんでした~。チュンチュは王になる前までしかドラマでは描かれてないんですが、いつ日本に来たのかしら…。ドラマでは小さい頃から唐で暮らしていたことになっていましたが、新羅に戻ってからはどこへも行っていないです。(*^_^*)
Commented by at 2010-05-12 20:12 x
ひめかさん、韓国語がわかるんですね!!
私も、少し前から我流でハングルの読み方などボチボチやってます。
そ~なんですよ。金春秋って、高句麗に援軍を頼みに行って、ヨンゲソムンにつかまったり、日本と手を結ぶために(日本側は人質と言ってますが)、来たりしてますよ。
乙巳の変の2年後くらいです。
トンマンが亡くなった後ですね。
行動力があったんですね~。
Commented by himeka_kisaragi at 2010-05-12 23:03
お名前が「ま」で終わってるんですが(笑)まりりんとりさんでいいんですよね?(^_^;)

韓国語、分からないです~~~
KNTVは日本のCS放送のもので、ちゃんと日本語字幕が入っているものです~。私のDVDは、それを録画していただいたものです。もう放送は終わっているので…。(^_^;)

チュンチュの話、ひょっとしてドラマ「ヨンゲソムン」を見ていたら、出てきた話かもしれませんね。私、放送はあって最初のほうは見ていたんですが、実は途中で挫折してしまったんです~;;
トンマンが亡くなった後、王位は真徳女王が継いで、そのあとがチュンチュになったようですね。ドラマ「善徳女王」はトンマンが亡くなったところで終わっているので、詳しい経緯は分からないですが、真徳女王は真平王の兄弟の娘なんですね。王の血筋である聖骨は、彼女しかいなかったのかな。その後、真骨として初の王様になるのがチュンチュなんですよね。まあチュンチュも、父・真智王が廃位されていなければ聖骨でしたものね。
史劇って、分かる範囲の史実にフィクションを絡めて作るから、史実を把握してないと、本当はどこまでが史実なのか、っていうことが分からないものですね~。
Commented by まりりんとり at 2010-05-14 22:52 x
名前、ごめんなさいm(_ _)m。
詳しく教えてくださってありがとうございます。
ほんとに史実とか衣装とかそのまま受け取るとみょーなことになりますよね。
今週の放送では、ミシルが公主になったトンマンに「無礼者!!聖骨の体に触れるとは!!」と言われて、ふっと突かれたように手を離す場面がありました。ミシルの哀しみを見たような気がしました。
サダハムを待てずに結婚しちゃったところが、いまいち理解できなかったんですけど、なんかありそう~。
思いを果たせない敵方って、今回はミシルなんですね~。

先に進んでるBSは1話が50分くらいで、CSの字幕版は65分くらい。そのへんはカットされちゃったのかしらん。
まったく、BS見だして、ヒアルロンサンとかグルコサミンとかばかり覚えてしまって・・・・。(>_<)
Commented by himeka_kisaragi at 2010-05-15 00:14
まりりんとりさん、こんばんわ~
そうそう、私も「聖骨の身体に触れるな」的な、あのトンマンの発言の場面は大好きで、ミシルのコンプレックスが非常に上手に表現された場面ですよね~~~
サダハムのことは、後でも詳しく出てきますが、ミシルは本気でした。そしてサダハムもミシルを本気で愛していて、だからこそミシルをセジョンのもとへ送りだした、という、今はオブラートに包んだようなことしか書きませんけども(笑)色々これから明らかになっていくことが、ミシルについてはたくさんあります~
これまでは、トンマンについて、出生とかそういうことが明らかになっていく展開でしたので、これからはミシルが色々明かされてゆきます~~

ところで・・・ヒアルロン酸とグルコサミン・・・ぶぶぶっ!!分かります、それ~~~!!(爆)本当にそうですよね、あと糖尿予備軍とか。(笑)妙に覚えちゃいますよね。(笑)
Commented by どんぐり☆ at 2010-06-10 20:47 x
ひめかさん、こんばんは~☆
また、おじゃまいたしま~すvv
今日は「善徳女王」の放送日でしたね。
お知らせするタイミングを逸しておりましたが、
見終わりました~vv
えっと、ネタバレはだめですよね(汗)
実は最後を積極的に書きにくい…という所もあったりして(^_^;)
ですが、全体の感想としては、
挫折しなくて良かった~~と思いました(^^)
ひめかさんやyoongunさんに、叫んでもらったお陰ですvv(笑)
途中からすごく集中して、かなりワクワクもして見れました♪
コ・ヒョンジョンさんのミシルが、やはり最高でしたね(^o^)/
Commented by himeka_kisaragi at 2010-06-10 23:47
どんぐり☆さん、こんばんわ~~
ネタばれ、迷うところですね~~~(笑)
私は一応、自分がBSで見始めたので、BSに合わせがちなんですけど、実際KNTVで最後まで見た人もいらっしゃいますしね~。う~ん、私も迷うところです。(笑)

挫折しなくて良かったと言って貰えて良かったです。
ミシル、最高でしょう~~そうでしょう~~~?
私も、誰に惚れたって、多分ミシルに一番惚れたような気がします。(笑)
Commented by ぱっち at 2010-06-17 22:45 x
こんばんわ!(^^)!
今日、完走しましたぁ~!!
ラスト大泣きしてしまいました(T_T)
早送りして観ては、翌日内職をしながらもう一回じっくり観る!!を繰り返し(笑)、終わるのがこれ程残念な作品は初めてだったかもしれません!!
観終わり私も、とにかく面白かったっていう感想です!
しかし、残念ならがら、私はピダムにはあまり魅力を感じられませんでした(^_^;)だって…女王がカッコ良過ぎるんですもの~!!で、大体私の感じ方わかっていただけますでしょうか?
私はオム・テウン(顔も)嫌いじゃないので、ユシンとトンマンのあの何も言わなくても通じてしまう二人の関係がなんとも言えずキュンとしてしまいました!!
ミシルが死んでから(←もしネタばれになってしまったら、削除してください)どういう展開になっていくのか?と思っていましたが…後半失速とういう多々言われてる感想と私も同じ気持ちでした。。やっぱりミシルは最高でしたね!(^^)!
出演者のナムジャで、是非チェックしたいナムジャがた~くさん出ていたのはホント楽しめました^m^
私が気になったのは、テナンボとウォリャです❤あともう一人気になってる人がいるんですが、名前確認しなきゃなんですが(笑)
Commented by himeka_kisaragi at 2010-06-17 23:30
ぱっち、完走お疲れ様~~~vv
終わるのが残念なくらい、凄く面白い史劇だったよね~

なんか分かる気がする。トンマンとユシンの関係が好きな人は、50話以降失速を感じるんだと思うの。だって51話からはピダムとトンマンがメインといっても過言ではないでしょう~。そしてピダムが好きな人は、終盤がめっちゃツボなんだろうな~と思ったりします。

テナンボとウォリャ。顔の好みが正統派だねぇ~~(笑)
私は脇では断然ソルォン(オッサンですが/笑)です。
アルチョンも最初はかなり盛り上がった私ですが、後半は活躍度が減ってしまったので、少し盛り下がり。(笑)
ミシルとソルォンの関係とか、大好きでした~~vv
Commented by うひょっち at 2010-12-20 16:13 x
ひめかさん~
とうとう完走してしまいました・・・。
見終わったのは金曜日なのですが、落ち着いてコメント書けそうになくって・・・。
少しネタバレの感想です。

太王四神記でのホゲのラストには不満がありましたが今回は満足です。実はピダムは中盤位までは思っていたほど嵌らなかったのですが(ソルォンの方がお気に入りだったかも)、段々キム・ナムギルssiの表情とかが気になってきて、このセリフはどんな風に言ってるのだろう、本人の声で聞いてみたいと思うようになってきたのです。で、実際字幕版で見て・・・、堕ちました・・・。ピダム堕ちというよりピダムを演じているナムギルssiに堕ちました。
トンマンとユシンは結ばれなかったけど、精神的には永遠につながってると思っていたので、終盤トンマンとピダムがメインなっていったのは初めは少し違和感があったのですが、段々気にならなくなってきて、もうピダム~~でした。

(長いので続きます・・・)
Commented by うひょっち at 2010-12-20 16:25 x
(続き)

トンマンとユシンは結ばれなかったけど、精神的にはずっと繋がっていると思っていたので、終盤トンマンの気持ちがピダムに傾いていったのには違和感があったのです。でも段々そんなことが気にならなくなる位、ピダム~~でした。
最後、トンマンに少しづづ近づいて言ってる時のピダムの心の声にもう涙涙でして・・・。で、そんなピダムに「もうやめておけ」目で言ってる(ように見えました)ユシンも良かったです。
トンマンが即位してから常に寡黙に仕えてるアルチョンも素敵でしたが、最後はユシンが傍にいたのも良かったです。
そうそう、ミシルが新羅を守るために出した決断にもシビレました~。さすが!ですね。

いや~本当に面白かったです。私の今年№1・・かも。
(長々と書いてしまってすみません・・・vv)
Commented by himeka_kisaragi at 2010-12-21 00:39
うひょっちさん、完走お疲れ様でした~~
見終わると脱力しますよね~。特に終盤の展開にハマってしまうと、あのラストで脱力すると思います~;;

そうそう、太王~のホゲの残念なラストとは比べ物にならないですね。(苦笑)まあ扱いの差というか、善徳女王でピダムは終盤の主演ですけど、太王~は最後までタムドク主演はゆるぎなかったですからね~(^_^;)

トンマンとユシン、そしてピダムの関係は、私も本当のトンマンの気持ちを聞いてみたかった感じです。(無理/笑)これはもう、ユシン派とピダム派で解釈が真っ二つに分かれましたよ、私の周りでも。(笑)

1月に、今年のランキング記事、書きますよ~
さて、どうなるかな~~まだ決めてません。(笑)