善徳女王 13~14話

いよいよDVD視聴に切り替えましたよ~(笑)
といっても、TVでは13話まで放送したので、まだ1話しか進んでいませんが。(笑)
だって、今日まで「カインとアベル」を見ていたんですもの、進めなくても仕方がない~。

ということで、13話はこのまま書くけど、14話はmoreをクリックで。
以降、TVより先に進むので、今後の記事はmoreクリック機能を使うことにしま~す。

そんなこと言っても、どうせ私の書く記事なんて、ストーリーの推察、解説なんかより、アルチョン素敵~~~とか、そのうち出るピダムかっこいい~~とか、そんな程度のことになるような予感はしますが。(爆)

-----------------------------------

さて、13話。まず思ったのが、キム・ソヒョンのことなのです~~。
戦地から功績を立てて戻ってきたキム・ソヒョンたち。その功績に対し、ソヒョンとマンミョン夫人は身分を元に戻して貰えるんです。そこで思った。そういえば「ヨンゲソムン」で、マンミョン夫人の母は前王様の王妃、つまりユシンって王族の孫なのね~、なんて思っていたことを思い出したのですが、二人は身分差があって駆け落ち結婚で、地方に落ちぶれていたと言ってはなんだけど、まあ都ソラボルにいなかったんだったね~
だから最初に出てきたユシンは、功績を立ててソラボルの花郎になりたがっていたんだね~。何にも分かっていなかった自分が情けなくて笑える。(^_^;)

f0147413_1254411.jpg問題はここから。ミシルは運を持つ男を気にいる模様。死地から生きて帰ったソヒョンにも、ちょっと色目を使いそうになり、身分が回復したマンミョン夫人にたしなめられるわけですが(笑)ソヒョンに向かって「あなたにも欲があることを知っています。身分の違いをへて夫人と結婚したのも、ただ恋のためだったわけではないのでしょう?」と、案に今権力を持っている自分の側につかないか?と誘うのですよね。私、これにビックリしました!
だってソヒョンのことはあまり分かっていなくて、でもあんな実直なユシンの父だし、珍しく風の国やチャンヒビンとは違った良い人の役を演じているんだな~と思っていただけに、ミシルの言葉に動揺をするソヒョンを見て、欲があったんか~い!と突っ込みましたよ~~。そして、だからこの役者さんがソヒョンを演じているのか!と妙に納得。(笑)やはりこの人は、純粋な善人を演じる人ではないのね・・・(笑)まあ、とはいえ、別にミシルの誘いに乗ったわけではないのだけども。(笑)マンミョン夫人が、ちゃんと「当時の私は公主の身でしたから、出世欲があったと知っても、それは当たり前のこと。何とも思ってはいません」と言ってフォローしてたから、ソヒョンが裏切るようなことはないとは思うのですが、今までまったく善人路線の人として見ていたので、ちょっとだけ見方が変わりました。(笑)

それと、この回に登場する謎の言葉「斬多含の梅花(サダハムのメファ)」。何とはなしに見ていたのだけど、これはミシルの現在の掌握力を作り上げた根底の重要キーワードらしいということが分かります。それが何か、ということを探ろうとユシンとトンマンはコンビで行動。これが可愛い♪ユシンは、なんか既にトンマンに弱いキャラになっちゃっていて、二人が話すと仲よしコンビっぽくて、とても微笑ましいっす~。

しかし物語は急展開。商団が西からやってくる時、斬多含の梅花を持ってくるというのが分かり、その商団を見張ることになったトンマンが、商団の中にある人物を見つけて驚愕。そのある人物とは、まさに不死身のターミネーター、元花郎のチルスク!!出たぁ~~!ということろで、続く・・・こんなとこで続くだなんて、罪深いわ~~(^_^;)

さて、以下は14話のネタばれですので、読みたい人だけmoreをクリックしてくださいね♪





14話は、実はかなり怒涛の展開という感じで、すご~く面白かったです~~。

そもそも13話で、ミシルが最初に力を得たのは、昔日照りが続いたとき、ミシルが天に祈ったら雨が降り出したことから、一気に祭事をすべて任せられるようになって、権力を得ていったということが分かるのですが、この斬多含の梅花というのは、実はそれに関係があったのですね~~!!(そんなのは分かっていた?笑)

昔ミシルの夢を叶えるために、サダハム公がミシルに残したのは、いわゆる季節、天候などを記した日誌のようなもの。それを「斬多含の梅花」と言うのですね。
そして、それを更に生かすためには、正確な暦が必要で、今回最新の暦を隋国から商団が運んでくるというのが、このお話のからくり。斬多含の梅花とは、この2つを合わせて言うのかな、多分。

どうしてそれがミシルの力の源かっていうと、もうお察しいただいているでしょう。(笑)
ミシルが力を持つようになった切っ掛けは、日照りだった地に雨を降らせた奇跡が発端。でもそれは予知能力や、雨を降らせる巫女のような力があるわけではなく、このサダハムからの贈り物を使って、天を操るように見せかけていたんですね。なるほど~!納得!!
これは、神話が成り立つような三韓時代ならではのエピソードで、私はとても面白かったです!

そして、この14話。それだけではありません。
そう、13話のラストにソファを連れて登場したチルスク。彼が商団を通して、ミシルに伝言を渡します。それがたまたま斬多含の梅花を入れた箱と同じだったため、それを調べていたトンマンが間違ってその中身を見てしまうのです。・・・そこには、かつて砂漠で母代りのソファと暮らしていた時のトンマンの持ち物と、ソファの身分を証明する札が入っていたので、トンマンはなぜそんなものがここにあるんだ!?と驚きとショックで動揺を隠せません。
チルスクは、それらをミシルに渡して、手紙を添え、ソファとトンマンは死にました、これが彼女たちの遺品です、報告があまりに遅れたので顔を見せずに消えます、といって、そのままソファを連れてソラボルを出ようとするのですが、ミシルは花郎たちにチルスクを追うように命じます。

そもそも、チルスクは砂漠の砂嵐で、ソファを助けたものの、トンマンは死んだと思っているのでしょう。ソファのことは、守ってやりたいと思って、ミシルには死んだ、と報告したんでしょうね。
本当に、チルスクは悪い奴なのか、意外に良い奴なのか、まだ判断つきかねます。(笑)

ところでこの辺りはアルチョン専門外のようでチョロッとしか出なかった!残念っ!(笑)

f0147413_26288.jpg

[PR]
by himeka_kisaragi | 2010-01-24 02:07 | 善徳女王 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://kandorabox.exblog.jp/tb/12713704
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by marone115 at 2010-01-24 16:45
ひめかさん
ついにDVDにしちゃったんですね。
でも面白いですもんね、テレビでも。
だからDVDだったら、もっと深いでしょう?

それにしても、ミシル様って目的のためには
どんな手段も選ばないってところが、スゴイ~
「強運」の人間を引き入れるって、なんだか現代の
ダークな金儲け社会にも通ずるようで。
14話は、来週を楽しみにしてる私は、クリックをガマンしました。
Commented by himeka_kisaragi at 2010-01-24 23:09
marone115さん
やばいです、今の私はアルチョンが活躍してなくても、ドラマ自体が超面白くて、続きをどんどん見てしまいそうなくらい勢いづいております。(笑)でも、手元には途中までしかまだないので、続きが来る前に見終わってしまいそうなのが不安です~~;;

ミシルは、これからどんどん凄くなっていきます~~
あのミシルのテーマ曲(?)♪ああああぁ~~~~って女性の声を聴くだけで、わくわく~~!(そう、ワクワクなんですよ~)

moreクリックは、我慢が正しいです!(笑)
先を知っても面白いけど、知らないほうが、より面白い気が♪
Commented by こん at 2010-01-25 13:52 x
こんにちは^^
私も、ぐぐぐぅ~っとガマンしましたよぉ(^O^)/。

でも、「オム・テウンが素敵に見え始めている」って
私も分かるような気がしてコメしました(^^)v。

(というか他のドラマでも、彼が演じる「キャラ」はキライじゃないんですが・笑)
トンマン&ユシンのコンビがほほえまし~~^^
って、母目線で見てしまっている私を感じていたので、
記事を読みながらニ~ンマリしちゃいました^^。

そうそう、ヨンゲソムンの新羅シーンって善徳女王のために
がんばってみたのね~なんて、思っていたところですよん(爆)

また(混ざれそうな時に)遊びに参ります~~(^^ゞ。
Commented by himeka_kisaragi at 2010-01-26 01:05
こんさん
我慢、我慢ですよ~~~(笑)
私は手元にDVDがないとき、木曜日が近づいてくると、ドキドキしてました。楽しみで、楽しみで。(笑)

私も、テウンssiはもちろん嫌いではないけど、特別良いというのがなくて、良いという方の気持ちも推し量れず(笑)という感じだったのですが、見た目はともかく、このユシンのテウンssiは本当にいいです~。大好きです~~vv

明後日には、ここのmoreをクリックしてくださいね♪(笑)
Commented by こん at 2010-01-26 06:45 x
了解で~す(^^)v。
見終わったら是非伺います(金曜日かな・笑)

ところでひめかさんっ!!

昨日ですね~ヨンゲソムンみてたら(またかいっていわんといてね^^)
そこになんと、アルチョン!が登場したんですよっ!!(゜o゜)
コレ以上言うと、ある意味ネタバレになってしまうので言いませんが・・・(爆)
アタシはゆうべPC立ち上げたくて(=ひめかさんにしらせたくて)
たまりませんでした~(;_;)。
夜はやらないって決めているので(^^ゞ。

でもね~お顔は・・・これも言わないでおきますね(-_-;)。
(って、言ってるのと同じやん・笑)

と、とりあえずご報告まで(^_-)-☆
Commented by himeka_kisaragi at 2010-01-26 08:07
こんさん
えええ~~~~!!そうなんですか?(^_^;)
じゃあ、アルチョン郎も実在の人だったのかしらん。
アルチョンの先行きについては、ちょっと動画とかでチラチラ知ってる部分もあるんですが、ヨンゲソムンに出てくるアルチョン・・・想像もできない爺さんぶりだったりして・・・(笑)
Commented by こん at 2010-01-26 17:19 x
>チラチラ知ってる部分もあるんですが
それなら、言っちゃっても大丈夫ですかね~。
(ホントは言いたくて・・・(^^ゞ)

アルチョンは、善徳女王の片腕のような存在でしたよ。
肩書きは「上大等~宰相」って呼ばれていました!
やはり実在した人なのかもしれませんね~。
そ=んなに偉くなるなんてちょっとうれしくないですか?(≧∇≦)


>想像もできない爺さんぶりだったりして・

ひめかさんもご存知の俳優さんが白いおひげをつけて・の登場でした^^。
そ~んなに悪くは無いけど(もう遅いって・爆)名前は聞かなくてもよいかも。。。
今のアルチョンにそのまま白髭~で十分だと思いま~す。(^^)v
Commented by himeka_kisaragi at 2010-01-26 22:07
こんさん
うんうん、善徳女王が亡くなったあと、マジ、白髪のアルチョンとユシンが語り合うシーンがあると聞いているんですよ~。
それにしても、上大等~宰相ですか!出世、嬉しいですぅ~♪
きゃんきゃん、うきうき(笑)な気分です~(笑)
Commented by こん at 2010-01-29 13:00 x
ひめかさ~ん♪
ここに書込みしようとして、
なんとコメント欄から記事を探しちゃいましたよ~ん(笑)。
ひめかさん、早すぎるぅ~~カムバ~ックッ!な気分でした(爆)。

サダハムの梅って「暦」のことだったんですね~
なんだか、大王世宗、思い出しませんか~?
(え?そんなはるか昔のことは忘れました??(^^ゞ)

また来週には~って、来週にはひめかさんは完走しちまうかもしれませんね~。
でもまたもぞもぞとお邪魔すると思いま~す(笑)(^_-)-☆
Commented by うひょっち at 2010-01-29 14:50 x
ひめかさん~
ようやく面白くなってきました~~(スロースターターだわ/笑)
今まではまあ面白いかな、という程度で数話録画してまとめて見るというのを繰り返していたのですが、今回かなり面白かったです~~
チルスクの再登場は予想していたけどまさかソファまで!しかもチルスクが面倒見てるようだし・・・。
それにサダハムの梅が暦の事だったとは・・・なるほど!ですね。確かにミシルにとって必要不可欠な物ですよね。しかもそれが何か息子を使って探ろうとしていたセジョンとソルウォンを一喝するミシル!恐っっ!
(私もミシルのテーマを聴くとワクワクします~~)

そうそう、私も「ヨンゲソムン」のおかげでキム・ソヒョンの駆け落ちの事も知っていたので、がんばって見たかいがあったな~と思ってました(笑)

15話以降のmoreクリックは頑張って自制します~いつまで我慢できるか・・・(笑)
Commented by marone115 at 2010-01-29 22:08 x
ひめかさん
いや~本当に面白かったです、14話。
私もあのミシル様のテーマが流れると、わくわくして。
moreをクリックして、またその余韻に浸っております。

ところで、私も、キム ユシンにかなり親しみを覚えてます。
というのも、13話で、彼がどうも方向音痴らしいというところで、
な~んだ、私のお友達じゃないって。
事実はどうなんでしょうね。
Commented by himeka_kisaragi at 2010-01-30 00:53
こんさん
そうそう、暦、大王世宗ですよね~~(笑)
私も一瞬、ん?今は朝鮮王朝時代ではないよな、と、自分に確認を入れてみたりしました。(笑)

先に進んでおりますが、まだDVDが全部出るのはもう少し先になるので、終わってしまうことはないんですよ~。先が気になる~(笑)
Commented by himeka_kisaragi at 2010-01-30 01:02
うひょっちさん
ですよね?私も普通に面白く見ていたけど、すごく面白い!と感じたのは今回あたりからかもしれません~。いや、それ以前に私はアルチョン堕ちをしているので、普通以上に面白く感じているのかもしれませんが。(笑)

私はチルスクもソファも生きていたのは他の方のところで目にしていたんですが、一緒に登場するとは思っていなかったです~~。
そして、チルスクがソファをこんない大切にしているとは!!

そうそう、私もヨンゲソムンでソヒョンの駆け落ちとか、ユシンが王族の血筋だとかを知ったんです~。もうリタイアしちゃったけど、確かにヨンゲソムンを目当てに見たのに、新羅の情報をたくさんゲット出来て、グッドタイミングだったと思いま~す♪

ミシルはどんどん強大さを感じさせてくれて迫力満点です~♪
ヨンゲソムンでは存在感イマイチな感じでしたが、こちらのミシルは怖いだけじゃなく、魅力的vv

15話は16話と一緒に書いてあるので・・・クリックするかどうか、微妙ですね~(笑)すみません、毎回書いていればよかったんだけど~(^_^;)
とにかく、どんどんと面白くなっていきますよ~~~vv
Commented by himeka_kisaragi at 2010-01-30 01:44
marone115さん
そうそう!ユシンの方向音痴、可愛かったですよね~♪
そこに親しみを覚えたわけですね?(笑)

この辺りのコンビを組んで行動する2人が、とても愛らしい感じでした!(笑)
Commented by twister203 at 2010-08-16 23:15
ご無沙汰しています。今、善徳女王を見始めて、やっとここまでたどり着きました^^
Commented by himeka_kisaragi at 2010-08-16 23:58
twister203さん、御無沙汰しています~vv
「善徳女王」ご覧になっているんすね♪
面白いですよね~。このへんとか、もう毎回次が気になって気になって、どうしようもなかったことを思いだします。(*^_^*)