風の国

f0147413_2331380.jpg出演:ソン・イルグク、チョン・ジニョン、チェ・ジョンウン、パク・コニョン

2008年、KBS、全36話。
高句麗を建国した朱蒙(チュモン)の孫にあたる無恤(ムヒュル)と、彼の父・琉璃(ユリ)王親子の葛藤や愛憎をえがいたドラマ。「朱蒙」(MBC)のソン・イルグクが、その朱蒙の孫を演じることでも話題となった。
キャストは他に、ユリ役に映画「王の男」のチョン・ジニョン、ムヒュルが愛する女性ヨン役に「噂のチル姫」「12月の熱帯夜」のチェ・ジョンウォン、そしてそのヨンを巡ってムヒュルと対立するトジン役に映画「ダンサーの純情」他ミュージカルで活躍しているパク・コニョン。

「海神」(KBS)のカン・イルス監督とチョン・ジノク脚本家が再びタッグを組み、製作費200億ウォンをかけて製作。海外からの関心も高く、KBS史上最高額で日本に先行発売されたことも話題になった。


感想

自称・高句麗の民(笑)として「風の国」は楽しみにしていたドラマ。それにイルグクssiのライバル役として、大好きな映画「ダンサーの純情」のパク・コニョンssiが配役されていることを知り、その期待はかなり大きなものでした。スタッフも「海神」のスタッフだから、下手なものを作るわけがないし、と。(*^_^*)
そして、結果、このドラマには、色んな思いを感じました。
はじめは戦闘シーンから始まって、もう~サスガ「海神」スタッフ!という感じで、その映像迫力に大感激。(*^_^*)
それから少しして、高句麗に夢を抱いている私には辛い現実を突き付けられもしました。(笑)
何かというと、高句麗の弱体化です・・・(笑)これ、他の人にはどうってことないことなんでしょうけども(笑)私にはかなりショックな出来事でした。(笑)強い強い三足烏のあの国が、扶余に押されて、今にも支配下に入れられそうになっていたんですもの~~;;あの、朱蒙が建国したときの強さは、いったいどこへ?の気分だったことは隠せない事実でした。(^_^;)
それからまたしばらくして、いよいよお目当てパク・コニョンssi演じるトジンが活躍しはじめて、ようやく高句麗の状況にも慣れてきた(笑)のか、このドラマが「朱蒙」や「大祚榮」などの、建国のヒーロー達が大成する物語ではなく、この高句麗が出来てまだ年月が浅い混乱した時期を舞台に、登場するキャラクター達の生きざまと心の葛藤を描いた人間ドラマなんだ、と分かりました。それと同時に、ベースが韓国の少女漫画だと分かり、原作を読んでみたいと思うくらい、彼らの心の葛藤や複雑な人間関係が面白く感じました。
そして終盤、何が原因かいまだ謎ですが、私の中の盛り上がりに陰りが・・・。これは偶然なんですが、たまたま最終回近くで、会社の同僚と話していて、彼女も同じことを感じていたことを知り驚いたんですが、彼女も原因を分かっていないようでした。何でかな~・・・
好きだったトジンが壊れていったのが悪かったのかとも思ったけど、それは「太王四神記」でも味わったことで、「太王~」では私のホゲへの思いは影るどころかエスカレートしたくらいだったので、それが理由ではないだろうし。(笑)
最終的に、人間ドラマは吹き替えで見ると入りこめないのかな?と思いました。まああと、週に一回というペースだったので、それも乗りきれない原因だったのかも。「太王~」は最初に放送された字幕放送を見始めて、途中からDVDで一気に観たので・・・。
というわけで、CMでカットが多いということはまた別として、このドラマはDVDで字幕で一気に観てしまうのがお勧めかも、と思います。史劇だけど全36話なので見やすい長さですしね♪

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]
by himeka_kisaragi | 2009-11-12 00:10 | か行 | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : http://kandorabox.exblog.jp/tb/12299835
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by futonlove at 2009-11-12 00:29
☆3に笑えました~。
今頃、記事を書かれている時点でそんな予感もしてたけど♪

私はDVDで一気に見ちゃって、いまだに「風の国廃人」してるんですけど、BS視聴してた元同僚もひめかさんみたいな感じで終盤失速してたので、ナニかあるんでしょうねぇ~。
Commented by himeka_kisaragi at 2009-11-12 00:58
futonloveさん
きゃ~~、もうバレてしまった~~(笑)
実はこの後もう一つ、チルの感想をアップしたので、それに紛れてしまうのを期待していたんですが、早かったですね。(笑)

そうですよ~、futonloveさんを始めとして、ウチに来ていただく方々も「風の国」を大好きな人達が多いので、めっちゃ書きづらかったです・・・(笑)しかも、序盤とか途中とか面白いといって盛り上がっていた時期も多かっただけに・・・痛かった終盤の失速です;;

しかしそうですか、futonloveさんの同僚の方もそんなことを?
それはすこし勇気づけられました。(苦笑)
原因は謎のままですが・・・(^_^;)
Commented by うひょっち at 2009-11-12 16:27 x
やっぱり、評価イマイチでしたね~
でもBS視聴していた人で終盤失速したという方結構いますよね。
私は同時に見ていた「快刀ホン・ギルドン」も同じ頃終盤を迎えていて、ホンギルの方に嵌ってました。(ホンギルは1週遅れて最終回でした)
今から思えば私の「風の国」のピークは17回でムヒュルが自分の生い立ちを知ってしまったシーンかも。

「太王~」は週一でもかなり面白かったですが、やはりノーカット字幕版だったからかなぁ。あとホゲの方が母親の事もあるし恨みが大きかったと思います。だから余計に切なかったです。トジンの恨みはどちらかというとやはりイ・ヘゴ@テジョヨンに近いかも。だから思ったほど嵌れなかったです。期待しすぎていたのかもしれないですが・・・。

そういえば、一番キライだったメンガン役の彼が今視聴している「朱蒙」でもうすぐ出てきたら、偏見を持って見てしまいそうです(苦笑)
Commented by Petulia at 2009-11-12 22:03 x
私も笑いました~
失速しちゃったかな!?って気はしてたけど、失速しすぎ!(笑)
でもなんとなくわかる気もします。
このドラマって途中まではサクセスストーリーだけど、その後は悲劇ですからねえ~
私も週2のTV放送で見てて、途中までは次が気になって仕方なくて待ち遠しかったけど、そのワクワク感が最後の方はなくなっちゃった気が。。
実はホン・ギルドンもそうだったんですよね~
週2で見てたけど22話以降は若干失速、ラストに至っては呆然!
でもDVDで一気に見た方は廃人化してましたから、やはり一気見する方がいいのかもしれません^^
それにしてもBSフジの吹替え&カットは論外です!(笑)
Commented by himeka_kisaragi at 2009-11-12 23:28
・・・・とりあえず・・・・・

どうして、この記事見つかってしまうんだ~~!(爆)
Commented by himeka_kisaragi at 2009-11-12 23:39
うひょっちさん
私もそのくらいまでは勢いを持って観ていたような気がするんですよ。(17話くらい)

トジンの恨みはイヘゴに近い・・・(笑)
そうですね~、でもイヘゴは自分の出生を最初は知らないけど、最初からチョリンの心を奪われた恨みと、多分ジョヨンの才気に嫉妬したりとか、そういうのがあったような気がするけど、トジンは自分の両親が謀反の疑いで殺されていますよね。最初からそういう意味で暗い影がありますよね。あと、その汚名を返すために王様から認めて貰いたいという強い思いと。その点はトジンのほうが可哀想かなぁ~。孤独な環境でヨンだけが味方みたいなものだったし。

でも、普通は王族の謀反は一族同罪だけど、トジンはヨン父に育てられたんですよね・・・。プギョンという辛い任務を負っていたとはいえ、まあまったくヨン意外孤独だったわけではないかもしれないですけどねぇ・・・

ところでうひょっちさん、朱蒙の再放送を今観ているんでしたね~!
共通の俳優さんでイメージ違うと、何かが違う、と思ったりしますよね。(笑)
Commented by himeka_kisaragi at 2009-11-12 23:45
Petuliaさんにも簡単に見つかってしまったわ・・・(笑)
私、でも悲劇は嫌いじゃないんですよ~。
あ~~、なんで失速したんだろう・・・自分でも理由が見つからなくて、消化不良な気分ですよ~(^_^;)
でも風の国大好きな Petuliaさんが観てもTVの終盤失速感を感じたというのだから、やはりTV版には何かがあるんですね。(笑)
カットもあるけど、やっぱりこう~~人間ドラマで吹き替えって、その人の感情が伝わりづらいのかな、と。だからキツイのかな~と。
「朱蒙」はエモーショナルな部分もあるけど、基本、サクセスストーリーですからね~。エンタメ性も高いし。だから吹き替えも耐えられたのかも、と思ったりしました。
Commented by futonlove at 2009-11-13 00:10
全然隠れてない記事のコメント数を更に増やしちゃうけど・・・(笑)
BSとノーカット版の違い・・・最終話しか見てないので私の感覚的には、音楽が減るのがダメでした。
「朱蒙」もノーカット版で見たんだけど、あのドラマは音楽がいきなり変わることがある不思議なドラマで、カットもしやすく感じたんですが、「風の国」の音楽はものすごく情感たっぷりでとにかくその雰囲気が大好きだったので、BS版では嵌れない気がしました~。

あと、私だけかもしれないんだけど、最終話でムヒュルが凱旋した後に内政を立て直していく改革の部分がものすごくかっこよくて、私的にはこのドラマもサクセスストーリーに見えたのが良かったのかも。あと、クェユとセリュ姫のハッピーエンドも華を添えてくれたし、マロを思い出して一人で泣いているバルソも良かったし・・・。
そういうのがないと、ヨンとトジンの死だけが目立つんですよね~。
Commented by himeka_kisaragi at 2009-11-15 00:53
futonloveさん
隠れていませんか~~そうですか~~~(笑)
いや、わりと来訪される方って、最新記事のみを気にする方が多いかな~なんて、そんな淡い期待を持って2つ記事をアップしたんですが・・・徒労でした。(爆)

futonloveさんは両方見ているから、私とはまた受け取る感じ方が違うんじゃないかな~と思うんですよ~
あと最終話だけが失速した感じがしたわけではないから、それ以前から何となく次の週が楽しみ♪っていう感じではなくなっていっていたんですよね~・・・

多分・・・謎は解けない気がします。(笑)
Commented by twister203 at 2010-01-09 23:58
初めまして。 「風の国」で検索してこちらに来ました。 ちょうど見終わったところで、感動の真っ最中です。 韓国時代劇にはまっています。これからもよろしくお願いします。
Commented by himeka_kisaragi at 2010-01-10 01:41
twister203さん、初めまして&いらっしゃいませ~vv
「風の国」を見終わられたんですね~vv
私の感想は塩辛い(?)ものも混じっておりましたので、ちょっと恐縮なのですが、もちろん他の史劇も大好きです!史劇って面白いですよね~♪どうぞ、また遊びにいらしてください♪こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いします♪
Commented by 露木舞 at 2012-10-22 21:48 x
海神のヨムジャン風の国のトジン、この強い男たちの、満たされない愛、虚無感、朱豪、ムヒュルは愛も獲得できる。この虚無感化ら全身から出るセクシーさは、ギリシャ神話のような神秘さ
Commented by 露木舞 at 2012-10-22 21:55 x
風の国のトジン、海神のヨムジャム、海のように、深い果てしない虚しさ、いくら戦ってもいくら勝っても、満たされない。どんな努力が、運命が、満たしてくれるのか?悲しい!幸せの神は、振り向いてもくれなかったのだろうか
Commented by himeka_kisaragi at 2012-10-22 23:05
露木舞さん、初めまして&いらっしゃいませ。
このブログの管理人のhimekaと申します。
感想がとても詩的な雰囲気ですね。
露木舞さんは気に入られたドラマなんですね。
トジンとヨムジャン、どちらも報われない、可哀想なキャラクターでしたが、確かにそれだからこそ印象的でしたね。
コメント、ありがとうございました。
Commented by 嘘つきの人格障害女に気をつけて at 2012-11-16 09:36 x
嘘つきの人格障害女 <hyeongmai@jcom.home.ne.jp>に要注意

露木舞、 rondeau、 nezumi、おるれあん、エリザベートの侍女など次々に名前を変えてはHNを替えてはあちこちの韓流ブログに出没
本人ではない、なりすましで他人のURLを貼り、各ブログを混乱させて
迷惑するブロガー続出、韓流サイトで追跡されている要注意人物
不自然なドイツ語を使いドイツ語圏の国に住んでいると称しているが、それも嘘

気をつけて下さい