食客

f0147413_23472687.jpg出演:キム・レウォン、ナム・サンミ、クォン・オジュン

2008年、SBS、全24話。
人気漫画家、ホ・ヨンマンが手がけて100万部を突破した人気コミックを原作に、韓国の“食と文化”、韓国宮廷料理の伝統を受け継ぐ待令熟手(テリョンスクス)の座をめぐる料理人たちの熱き闘い、魅力的な男女がおりなす人間関係など、料理と恋の対決を描いた味わい深い料理人ドラマ。
主演は韓国で“100万ドルの笑顔”というニックネームで呼ばれている人気男優、キム・レウォン(TV「君はどの星から来たの」「ラブストーリー・イン・ハーバード」)。共演はTV「犬とオオカミの時間」のナム・サンミ。そしてキム・レウォン演じるソンチャンのライバルであり義兄でもあるボンジュを、TV「チェオクの剣」「思いっきりハイキック」のクォン・オジュンが演じる。


感想

話題のドラマだったので、楽しみでした。放送も、WOWOWだったので、自分は見れないんですが(笑)WOWOWはノーカット放送なのでDVDを見るのと同じというところが嬉しく、会社の同僚に録画をお願いして、放送を追うように見てゆきました。
前半は正直言って、そんなに、面白い~~~って、息せき切って言う感じではなく(笑)マンガが原作らしい展開に、「美味しんぼ」みたいだな、とか、そんな感じで見ていました。
それが中盤から恋愛模様が絡んできて、これが意外に不自然じゃなく良かったんですよ~。前半は全くといっていいほど、そういう要素がないので、途中から恋愛が盛り込んでくると、「ファンジニ」のときみたいに、どっちつかずの展開になってしまうのでは、という勝手な不安もあったんですが、全然違って面白かったです~~
恋愛が絡んだということだけじゃなく、後半は主人公ソンチャンが、舞台であるお店「雲岩亭」を出て、色んな国内巡りをしながら、ドラマが展開されていくのが結構面白くて、かなり楽しめました。

濃厚で後を引く、ようなドラマではないので、何回も見たいといったものはないし、キム・レウォンも可愛いとは思いつつ、ハマるまではいかなかったので、キャラ萌えということもないのですが、そう、正しくちょうど面白い青年コミックを読み上げたみたいな、そんな感じがしました。

f0147413_803446.jpgただ・・・女優2人のうちの一人、キム・ソヨンssi。それこそ前半は優しくて良い人の役だな~と好意的に見ていたんですが、後半、恋愛展開の、話がこじれる原因になっただけに、最終的にすごいイライラしました。(笑)
どっちつかずで、2人の男性を悪気なく天然で振り回す姿は、私が嫌いなパターンです。(笑)
微妙にネタばれっぽいですが、後半、ボンジュが壊れていくのだって、拍車をかけたのは結局彼女のあいまいな態度のせいなのに、それを自分の父親に言わずにいたためにボンジュ崩壊…となっていくのが、あまりに不憫でした・・・。(笑)ボンジュ、途中まで嫌いだったのに、そのせいで最終的に同情しちゃいましたもん。(笑)

ま、そんなこんなではありますが、重いドラマにお疲れのときは、こんな感じの、ちょっと新感覚っぽいドラマで気分転換というのも良いのではないかと~。サクサク進んで、気持ちよく終われますよ。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
by himeka_kisaragi | 2009-04-28 00:14 | さ行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kandorabox.exblog.jp/tb/10924681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。